Profile

Miho Arai

Pianist, Keyboardist, Composer.

"Mono no Aware"
[moh-noh no ah-wah-reh]

The Japanese phrase above is a powerful, driving force for myself and the music that I create. Loosely translated, it means "sensitivity and empathy for that which surrounds us."

I, personally, have had difficulty in the past, and even to this day, with letting things go and accepting the often harsh realities of life. However, after coming across the aforementioned quotation, I came to the realization that there is value to the feelings that I cannot help but hold on to.

Instead of struggling to deny these feelings or attempting to push them away, through my music, I am finding new avenues through which to channel these sentiments, acknowledge them, and bring them to the forefront, on both a personal and creative level.

In some ways, my music, and the process of creating it, is a cathartic experience; a therapeutic and contemplative exploration and expression of things that I have internalized, exposed through the melodies, rhythms, and arrangements of my work.

In other ways, I feel that my music is a recognition of the universality of the human experience. We do not live in isolation. There exist shared experiences and parallel emotional ties that bind us together. Though you and I may feel solitary and alone, we are not.

Hopefully, by listening to my work, you will feel a deeper awareness and recognition of your own emotional depths: joy or sorrow, fortuitousness or regret. Maybe, you will experience a sense of release or even the sensation of escapism and respite.

In any case, my journey as a musician and as a person is ongoing, and as I evolve and develop my sense of "mono no aware", I will share the works that I create with you, wherever the creative process may guid me.


「物のあはれ」

この言葉は、私の音楽、そして私自身にとっての原動力です。

昔から、辛いとか悲しいといった感情を受け入れて手放すことが苦手でしたが、この言葉に出逢ってから、この拭いきれない感情にも価値があるのではないかと思い始めました。

否定したり、どこかへ押しやって忘れてしまうのではなくて、この感情をしっかりと感じて、向かい合って、音楽を通して表現するということに辿り着いたような気がします。

私にとって曲を作る、そして演奏する過程は感情を浄化させるような感覚に近いです。心を癒すための探求であり、内に秘めてる感情を曲を通して表現するというのは、私にとっては一種の心の解放です。

また、私が考える音楽とは、人間の普遍的な感情を共有することで、心を晴らすものだと想います。私たちは、個で存在しているようで、時に孤独に打ちひしがれるようなこともありますが、経験や環境は違っても、淋しい、切ない、悲しいなどの根本的な感情はみんなが経験する感情で、その感情を共有し、共感しあうことで、私たちは1人ではなくて、どこかで繋がってると安心できるのではないかな、と思います。

私の願いは、演奏を通して、それぞれが自身の感情への深い気づきを体験し、そして目一杯感情を感じる機会を提供できれば、もしくは、一息ついて少しの間、現実を忘れる助けになれば、と思っています。

どちらにせよ、音楽家としても、人間としても、これから、まだまだたくさんの経験をしていく中で、私の中の物のあはれを感じる心も磨かれていくと思います。その都度覚える感情が、これからどこへ導いてくれるかはわかりませんが、心の誘うままに作品を作って、共有していけたらと思っています。